ニキビに年齢は無関係?正しいニキビ対策で美肌を保とう!

ニキビが出来る原因と生活上の問題点

ニキビは毛穴に汚れが詰まり、炎症を引き起こした状態を指します。皮脂や垢などの汚れが原因の多数を占めるので、新陳代謝が活発な若い人ほどニキビの発症が多くなります。その一方で条件が整えばニキビが出来てしまうので、中高年層の人でも症状が出ることがあります。また、病気による体調不良が原因でニキビが形成されることもありますが、毛穴に細菌が入り込んで感染症を引き起こしたことによる形成なので治療の方法が異なる点を注意します。

ニキビが出来ると見栄えが悪いだけではなく、傷が付くと出血や痛みに見舞われてしまいます。また、傷口から滲み出た膿が周りの表皮に触れることで新しいニキビが出来るので、速やかに専門医の治療を受けるのが肌トラブルを解消させるための条件です。

中高年層の人に適したニキビの予防について

ニキビの発症を防ぐためには肌の健康状態を良好に保つのが効果的です。肌に潤いが無くなって乾燥するとひび割れが出来やすくなり、毛穴に汚れや細菌が入り込む原因になります。そのため、日頃から保湿クリームなどで肌を保護するのがニキビの発生リスクを減らすための工夫です。また、十分な休息を取って体調を整えることにより、肌の張りや潤いを保つ方法もあります。食事のメニューを見直し、肌の保湿性を高める効果があるビタミン類を多く摂取できる食材を多用することで綺麗な肌にすることが可能です。日焼けや熱水などの強い刺激は肌にダメージを与え、ニキビが出来るリスクを増大させます。肌の露出を避け、入浴時は体温とほぼ同じ温度の温水にするのが肌を守るための工夫です。

健康状態に関わらず、誰しもニキビができることがあります。治すには、専用のクリームを塗布することが求められます。

Share if you like!

Read more?